曇りなき眼で見定めブログ

学生です。勉強したことを書いていく所存です。リンクもコメントも自由です! お手柔らかに。。。更新のお知らせはTwitter@cut_eliminationで

【しゃあっコヒーレンス・スペース!】整合空間(coherence space)をじっくりとその2 安定関数(stable function)

↓これの続きです。 cut-elimination.hatenablog.com 今回は安定関数が出てくるはずです。 用語の整理 いろいろ用語、記法が出てきている。 用語・記法:整合空間 の要素を の点(point)という。 のクリークを整合部分集合(coherence subset)とも言う。点とは…

安倍晋三銃撃事件から見る日本のマンガやアニメ、そして北野映画(あまり真面目な記事ではないです)

安倍晋三が銃撃された際の映像を見ると、明らかに警備がミスっている。その原因は色々考えられるだろうが、まあ日本では銃を使った襲撃は珍しいのできちんと想定されていなかったのだろう。そんな中、5ちゃんねるで以下のような証言がよく拡散されていた。 …

【しゃあっコヒーレンス・スペース!】整合空間(coherence space)をじっくりとその1

↓これの続きっちゃあ続きである。 cut-elimination.hatenablog.com "Proofs and Types"を読んでいくシリーズだったが、第7章のSystem Tの導入をちょっと飛ばして第8章の整合空間(coherence space)を詳細に読みたいのよ。 整合空間から線形論理を解説している…

【お気持ち表明】反出生主義の押し付けは良くない

密かにトゥイッターで「反出生」と検索して世の反出生主義の受容を調べている。するとよく目にするのが「押し付けは良くない」論である。ヴィーガンに対してもよく言われるが、子供を産まないとか肉を食べないとか勝手にやってくれ、他人に価値観を押し付け…

札幌の味噌ラーメンについて

マンガワンで『ラーメン発見伝』を読んでいる。札幌の味噌ラーメンをディスる回は結構有名らしい。第3巻に載っているっぽい。 ラーメン発見伝(3) (ビッグコミックス) 作者:河合単,久部緑郎 小学館 Amazon 藤本曰く「味噌という調味料はうますぎる」。よっ…

ジラール先生の"Proofs and Types"の5,6章を(ちょっと真剣に)読む(シーケント計算、強正規化定理)

↓これの続きでこざる。 cut-elimination.hatenablog.com シーケント計算 シーケント計算は自然演繹ほど計算との対応が明確ではないとのことだった。しかしPROLOGの基礎になっていたり自動定理証明に使われるタブローの一般化でもあるという。これは知らなん…

ジラール先生の"Proofs and Types"の3,4章を(ちょっと真剣に)読む(カリー=ハワード同型、正規化定理)

↓これの続きでっせ。 cut-elimination.hatenablog.com 3章は型とは何かという哲学的な考察を含んでいる。4章は正規化定理を解説したテクニカルな内容である。 Chapter 3 カリー=ハワード同型 命題を型と対応させる。型付項のシステムにおいても sense と den…

ゲーデルの完全性定理と不完全性定理

完全性定理と不完全性定理は名前の割にほぼ関係ない別々な定理だとよく言われる。しかしじゃあどうして対になるような名前が付いているのだろう。歴史的経緯が気になる。不完全性定理は発見から暫く経ってからそう呼ばれるようになったというのは聴いたこと…

フル線形論理のカット除去定理を証明する際のポイント(あんまり親切でない記事です)

この本で線形論理の勉強をしているよ。 Lectures on Linear Logic (Lecture Notes Book 29) (English Edition) 作者:Troelstra, A. S. Center for the Study of Language and Inf Amazon 加法も乗法も量化子も指数も全部入れたフル線形論理のカット除去定理…

ジラール先生の"Proofs and Types"の1,2章を(ちょっと真剣に)読む

私は現代最高のロジシャンはJean-Yves Girardだとガチで思っている。 ジラール先生の論文や本は、理論的なものであっても個人の論理に対する考えが混入していることがよくあるように思う。時には本線のテクニカルな議論からやや離れたお話のようなことが書か…

ジラール先生の映画批評を読む「千と千尋の神隠し」編

ジャン=イヴ・ジラール先生は大量の映画短評を書いておられる。ジラール先生のサイトの"alter ego"というところから読める。 girard.perso.math.cnrs.fr オルター・エゴというだけあって、Yann-Joachim Ringardという変名で書いている。おもしろい。 フラン…

ルディクス(遊技)についてメモ(順次改訂)

ルディクスに興味があるのだけれどあんまりよくわからない*1。わかったことをメモしておく。 ジラール先生が最初に提案したのは1999年の論文らしいのだが、本格的に論じられているのは2001年の"Locus Solum"という長い論文である。こちらのほうが基本文献と…

ワンピースの映画の感想(諸星大二郎、ロバート・ノージック)、あと最近のミュージカル調アニメ映画への所感(犬王など)

ワン・ピース映画の感想 「ONE PIECE FILM RED」を観てきた。そこそこ面白かった。 私はAdoちゃんが結構好きなので歌を堪能できて良かった。特に半ばあたりの矢鱈と早口なラップみたいな歌が良かった。中田ヤスタカもまあ悪くない。 夢という設定については…

物語の構造分析を漫画やアニメでやりたい【呪術廻戦、羅小黒戦記、鬼滅の刃、寄生獣、ウルトラマン、仮面ライダー、うしおととら、犬夜叉、ナルト、BLEACH、進撃の巨人、チェンソーマン、ハガレン、ワンピース…】

数ヶ月前に『劇場版 呪術廻戦0』を観た。あんまりおもしろくはなかったけどめちゃくちゃつまらないというわけではなかった。取敢ず観て良かったかなと。 観て気付いたのだが、私の大好きな『羅小黒戦記』の劇場版と話がよく似ている。私は構造分析というのを…

【ゲーデル】クライゼルの注意に注意【不完全性定理】

前原昭二『数学基礎論入門』で不完全性定理を勉強した。 数学基礎論入門 (基礎数学シリーズ) 作者:昭二, 前原 朝倉書店 Amazon 不完全性定理というのはもちろん哲学的にも興味深い定理だと思う*1。不完全性定理に関連して哲学の文脈でよく聴く(気がする)の…

【品田遊】反出生主義啓蒙小説『ただしい人類滅亡計画』がとても良い本だった【ダ・ヴィンチ・恐山】

↓この本の感想を書きます。 ただしい人類滅亡計画 反出生主義をめぐる物語 (コルク) 作者:品田遊 コルク Amazon 最近オモコロのYouTubeをよく見ている。川柳を作って応募するシリーズが好きである。なかでもダ・ヴィンチ・恐山先生の川柳のセンスはなかなか…

「現代思想」の反出生主義特集を読むその5(最終回) 小手川正二郎、橋迫瑞穂、古怒田望人、逆卷しとね【統一教会あり】

最終回! 現代思想 2019年11月号 特集=反出生主義を考える ―「生まれてこない方が良かった」という思想― 作者:森岡正博,戸谷洋志,D・ベネター,T・メッツ,島薗進,小泉義之,加藤秀一,木澤佐登志,橋迫瑞穂 青土社 Amazon 過去の記事↓ cut-elimination.hatenablo…

「現代思想」の反出生主義特集を読むその4 佐々木閑、島薗進、戸谷洋志

連続投稿! シリーズ第4回! 現代思想 2019年11月号 特集=反出生主義を考える ―「生まれてこない方が良かった」という思想― 作者:森岡正博,戸谷洋志,D・ベネター,T・メッツ,島薗進,小泉義之,加藤秀一,木澤佐登志,橋迫瑞穂 青土社 Amazon cut-elimination.hat…

「現代思想」の反出生主義特集を読むその3 鈴木生郎、佐藤岳詩、加藤秀一、西條玲奈

シリーズ第3回。 現代思想 2019年11月号 特集=反出生主義を考える ―「生まれてこない方が良かった」という思想― 作者:森岡正博,戸谷洋志,D・ベネター,T・メッツ,島薗進,小泉義之,加藤秀一,木澤佐登志,橋迫瑞穂 青土社 Amazon cut-elimination.hatenablog.com…

「現代思想」の反出生主義特集を読むその2 デイヴィッド・ベネター、小島和男、サディアス・メッツ

雑誌「現代思想」の反出生主義特集にコメントしていくシリーズ第2回! 現代思想 2019年11月号 特集=反出生主義を考える ―「生まれてこない方が良かった」という思想― 作者:森岡正博,戸谷洋志,D・ベネター,T・メッツ,島薗進,小泉義之,加藤秀一,木澤佐登志,橋…

「現代思想」の反出生主義特集を読む その1 森岡正博×戸谷洋志、小泉義之、木澤佐登志

森岡先生はエゴサしてそうで怖い… 雑誌「現代思想」の反出生主義特集号をちょっとずつ読んでコメントしていきます。 現代思想 2019年11月号 特集=反出生主義を考える ―「生まれてこない方が良かった」という思想― 作者:森岡正博,戸谷洋志,D・ベネター,T・メ…

【キー・ワードは非対称性】ネット上の反出生主義言説を読む(東浩紀、川上未映子、永井均)

反出生主義シリーズ。↓ベネターの基本書を読んで得た知見をもとにいろいろ書いていくぞ! cut-elimination.hatenablog.com インターネッツ上で反出生主義に関する言説をいろいろと見たので物申していくのが今回のテーマ。 トゥイッター上の@反出生主義者たち…

【反出生主義】ベネター『生まれてこないほうが良かった 存在してしまうことの害悪』を読んだのでまとめと感想

前提として私は鬱傾向にあり治療中であるということを押さえておかねばならない(そのせいで久しぶりのウェブログ投稿である)。反出生主義に同意するかどうかというのはその人の精神状態がどうしても関わってしまう。私みたいに病んでネガティヴな人間は人…

「直観主義型理論(ITT, Intuitionistic Type Theory)」勉強会ノート其ノ弐拾四「宇宙」

暫定版。 あんまりわからないのでわかった点だけ箇条書きする。 これまでに導入した型はすべて有限の型である。何故なら型構築演算の反復(iteration)は有限回しかできないから。言語の表現力を上げるには宇宙(universe)を導入して超限の型(transfinite …

フェミニストと闘うための理論武装講座その1 大原則編

甲「理論武装で攻め勝ったと思うな バカタレ!」 皆さんも日々多く目にしていることだろうが、インターネッツ上でフェミニストと思われる人たちのご活躍が著しい。そしてだんだんとフェミニストというのはマンガやアニメなどいわゆる二次元の表現やポスター…

【感想】前衛的アニメ映画「リョーマ! The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様」を観てきました

なんかそこそこおもしろかった。 驚いたことに、あんまりテニスをしていなかった。マフィアとの追いかけっこが主だった。私は『新テニスの王子様』は読んでいないけど『テニスの王子様』は(だいぶ昔に)読んでいて、けっこう試合ばかりやっている印象がある…

【なぜか多い⁉︎】ネット上にある証明論的意味論の日本語文献まとめ

日本で証明論的意味論(PTS, Proof-Theoretic Semantics)を研究している人、やたらと多くないだろうか!? という感じがしているが、どうもそうでもないらしい。後述する大西先生の講義によると、大西先生の博論以降の10年弱でも研究の進展はそれほどないと…

【感想】『アーヤと魔女』を観てきましたよ

けっこうおもしろかった也。 だいぶ前から予告を何度も劇場で観ていて、正直いってそれほどおもしろくなさそうだと思っていた。CGの動きがまだまだ硬い感じで、髪の毛なんかも微妙だと思った。宮崎吾朗監督にしても、『コクリコ坂』はそんなに悪くなかったけ…

「くしゃみ→誰かが噂をしているor風邪」の哲学(アニメ「Free!」より)

アニメ「Free!」を見ている。もうすぐ新しい劇場作品をやるのだが私はぜんぜん知らないので、大急ぎで勉強している。 第3話(第1期ね)冒頭で遙がくしゃみをする。遙は、くしゃみが出るのは誰かが噂しているときだ、と言う。マンガやアニメでよくある話である…